2017年07月17日

プレゼンは「目線」で決まる

ご無沙汰しております。生きてます。

実は1年以上前に読了しており、いまだ何度か読み返す本を紹介したくて復帰。
(´-`).。oO(そういえばBLOG持ってたじゃん、自分。みたいなw)

はい、それがこちら。

プレゼンは「目線」で決まる
―――No.1プレゼン講師の 人を動かす全77メソッド

西脇 資哲
4478065160


個人的に「プレゼン」と言われると数名の著名人とお名前が出てくるのですが、そのなかでも筆頭かと思っている、MS社 西脇さんの本です。実は、当方もプレゼンなんぞを嗜む程度には実施しておるのですが、正直、この本に出合う前と後では、全然完成度が違うな、と自分でも思っております。

ホント、プレゼンやパワポで資料作成する方は必読かと。タイトル通り「視線」を意識したプレゼン資料の作成、プレゼンテーションの実施について学べます。初心者からベテランまで、広く活用いただけると思います。会社に1冊以上あってよい本かと。
続きを読む
posted by knockman at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

よいこの君主論

タイトルと表紙で買いました。
久しぶりにジャケ買いで当たりをひいた!て感じです。

よいこの君主論 (ちくま文庫)
架神 恭介 辰巳 一世
4480425993

マキャベリズム in 小学校5年生!
5年3組の覇権を争う小学生たち!!
クラスの頂点に立つのは誰だッ!?

という熱い内容ですw
いや、ホントですって。

クラスを牛耳りたい良い子のみんなも、お子様に帝王学を学ばせたい保護者の方も、国家元首を目指す不敵なあなたも必読の一冊。

ね、Amazonさんの照会文にもあるでしょ?w

舞台は小学校で、登場人物も小学生ですが、
内容はまさにドロドロして黒々した、
陰謀、姦計、計略、闘争、etc・・・
小君主が群雄闊歩する乱世の世界です。

その乱世なクラスで、専制君主となるべく、
各々、クラスの有力小君主が様々な方法で、
配下を増やしていく物語となっています。

続きを読む
ラベル:書評
posted by knockman at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

99.9%は仮説

何日ぶりだろう?
久しぶりの読書ネタです。

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
竹内 薫
4334033415

科学の基本……それは、
「世の中ぜんぶ仮説にすぎない」
ということを延々と説く本。

浅く広く、仮定と実証と逆転とを説明して、
「世の中は仮説ばっかりなんだよー」
というような内容を教えてくれる本、とのこと。

「飛行機がどうして飛んでいるのかわからない」
とかね。

個人的な総括としては

続きを読む
ラベル:竹内薫 書評
posted by knockman at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

犬たちをおくる日

息子殿、読書感想文。
のフォローをするために読んだ本。

犬たちをおくる日
―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない
(ノンフィクション 知られざる世界)

今西 乃子 浜田 一男
4323060858

あー、ちょっと今年のチョイスはつらいなぁ。
動物モノか・・・当方、動物モノは弱いのです。涙腺が。
しかも、書籍の内容が「動物愛護センター」を題材にしています。
ノンフィクション。現実世界の悲しいお話・・・。

うむ、つらい現実と直面するだな、息子殿よ。
頑張るのだ。
・・・と、自分も読まないといけないのか。
はぁ、キガススマネェ。

続きを読む
posted by knockman at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

ハッカーと画家

Lisp(開発言語)界隈で超有名人であるポール・グレアム氏著。
評判がいいので読みたいと思ってたんですが、やっと読むことができました。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ポール グレアム Paul Graham
4274065979

いやはや、切れ味が鋭い。
発売が2005年なのに色あせていない。

続きを読む
posted by knockman at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

蟹工船

電子書籍を読んでみよう、その2。
次にチョイスしたのは数年前に流行したこの本。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
小林 多喜二
4101084017

ちなみに青空文庫でも読めます。

 ▼蟹工船[青空文庫]

キンドルストアにも並んでいたので、
興味本位でD/Lして読んでみた次第。

概要は所謂「強制収容所」的な工船の上で、
過酷な労働を強いられる労働者たちと、
その上で利権を貪る者たちとの戦い、
みたいな感じ、です。

昨今言われる「勝ち組・負け組」の様相で、
搾取する側と、される側の明暗が明確な内容。
これが理由で流行したのかしらん、といった予想。

明確な主人公というのは存在しないのですが、
搾取される側の労働者各々が主役で、
彼らが一致団結して行動に到る、という、
まさに共産主義的な物語になっています。

しかし、この蟹工船って本。
読めば読むほど、IT業界に酷似してて・・・。

続きを読む
ラベル:小林多喜二 書評
posted by knockman at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

数学と語学 + キンドル(アプリ)感想

読書量回復チャレンジ第2段。
電子書籍を読んでみよう、ってことで、
Nexus7とスマホにKindleアプリをインストールッ!

で、まずは試しと無料書籍をチョイス。
青空文庫ばんざいです。

数学と語学
寺田 寅彦
B009AJ9YIG


本の内容は非常に短いエッセイ。
明治から昭和初期にかけて活躍した物理学者、寺田寅彦著。
数学と語学についての関連性を考察しています。

一見、相反する学問であるようで、
実は意外と共通点も多くあるので、
好きなコトの特徴を利用して、
嫌いなコトを克服できるであろう、的な。
なるほどな、という書籍でございます。

なにより無料。ゼロ円です。
しかも、短い。速攻で読み終えれます。
とりあえず何かの端末にキンドルを入れることがあれば、
試しに読んでみる選択肢として非常に良いかと思いました。

さて、この後は電子書籍の感想を。


続きを読む
posted by knockman at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

世界一やさしい問題解決の授業

読書量回復を目標に、薄い本なら通勤時でも読めるだろうチャレンジ。
片手で持てて、それなりに薄くて(厚みが)、
内用がオモシロそうな書籍をチョイスしてみました。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
渡辺 健介 matsu(マツモト ナオコ)
4478000492

タイトル通り「問題解決」の手法を説いた本。
著者は元マッキンゼー。
そこで学んだコトを本書に記した、とのこと。

「世界一やさしい」というタイトルどおり、
読みやすい内容になっております。
架空の物語をベースに、問題解決ツールである
 ・ロジックツリー
 ・MECE(メッシー=漏れなくダブりなく)
の2点を重点的に解説してあります。

このテの本を読んだこと無い方には取っ付きやすいと思います。
挿絵や図などの説明も多いのでオススメかと思いますね。

続きを読む
ラベル:書評
posted by knockman at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

JORGE JOESTAR

9月19日(息子殿の誕生日だ!)に発売されて、
読了が先日11/30なので、結構読むのにかかったなぁ。
というのが印象的なVS JOJO シリーズ、小説「JORGE JOESTAR」。

JORGE JOESTAR
舞城 王太郎 荒木 飛呂彦
4087806502

ジョージ・ジョースターと言っても、
逆に考える紳士なお父様のほうではない。
ジョナサンとエリナの息子、リサリサの夫、ジョゼフの父、
2世のジョージ・ジョースター、を主人公にした小説です。

ジョナサンの学生時代ぐらいから、漫画(原作)であった、
「飛行機事故(?)」までが小説として提供されています。

なお、ここで先にお断りしておきます。
小説の作者さんファンには申し訳無いが、
この後の文章は結構批判的な内容になります。

ぶっちゃけ「これはジョジョではない」、
個人的に「これは無いわー」と感じました、
と言えば伝わるでしょうか・・・。
以降、ネタバレ含む。

続きを読む
ラベル:ジョジョ 書評
posted by knockman at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

アジャイルと規律

アジャイル開発と計画駆動型開発を分析し、
両者の長所・短所を説明し、どのように
「ソフトウェア開発を成功させる」か?
どういったバランスを取るべきか、を説明してくれる本。

アジャイルと規律
〜ソフトウエア開発を成功させる2つの鍵のバランス〜

バリー・ベーム リチャード・ターナー
ウルシステムズ株式会社 河野 正幸 原 幹 越智 典子
4822281922

ようは「イイトコ取り」するにはどうするか?
という指針を示してくれる本、と感じました。

アジャイルとは?
は、説明必要無いでしょうか。

計画駆動型、とは?
少なくともウォーターフォールで考えて問題ありません。

アジャイル開発を成功させるための条件は?
どんなシステム開発案件であれば相性が良いか?
逆に、どんな案件に適用したらダメなのか?
みたいな感じでアジャイルと計画駆動型を対比させて、
どちらが、どの場合に効果的なのか?
などが若干分かりにくい文章で説明されています。

例えば、小規模・短納期の案件であればアジャイルでもいいが、
大規模・長期間の案件であれば計画駆動型のが圧倒的に良い、など。

続きを読む
posted by knockman at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

さすが! と言われる 図解ビジネスマナー

もうすぐ下期ですが、そろそろ大手さんも、
半年という(無駄に)長い研修を終えた新人が配属でしょうか?

先日、本社へ戻った際に本棚で見つけた本。
同じ本が複数冊並んでいたので1冊東京へ持っていくことにしました。
教科書的な意味合いで。

さすが! と言われる 図解ビジネスマナー
高橋書店編集部
4471011227

ビジネスマナー本です。初心者向け。入門書。
図、イメージなどが多用されていて大変分かり易い。
ネクタイの締め方などオーソドックスなモノに絞ってあり、
滅多に使わないテクニックが載っていないなどの配慮もイイ。

少々古い本なのでソーシャル系への配慮など、
最新の技術動向とそれに伴うマナーの注意点はありませんが、
基本を押さえるには非常に良い本かと思いました。

続きを読む
ラベル:マナー 仕事 書評
posted by knockman at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

パンケーキをたべるサイなんていない?

今度は娘さんの読書感想文。

パンケーキをたべるサイなんていない?
アンナ ケンプ サラ オギルヴィー
4776404885

対象の本はこれ↑。絵本ですね。
低学年向けの課題図書、らしいです。

▼青少年読書感想文全国コンクール

▼2012年青少年読書感想文全国コンクール課題図書

■参考LINK
 読書感想文の裏技?
 読書感想文の裏技?#2

あらすじとしては、
 ・多忙を理由に子どもの話を聞かない両親
 ・ちょっと可愛そうな娘さん、デイジー
 ・突然、紫色のサイが家に入ってきた!
 ・でも、両親はちっともサイに気づかない
 ・娘のデイジーが言っても聞いてくれないし信じてくれない両親
 ・デイジーはそのサイと仲良くなって...
という感じのお話。
これ以上書いちゃうとオチまで行ってしまうので以下略。

まぁ、色々あって両親が娘とちゃんと会話するようになって、
ハッピーエンドでお終いチャンチャン、という流れです。
以降、もっとネタバレ含む。

続きを読む
posted by knockman at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

ココロ屋

本日の夜に東京へ移動するんですが、新幹線発車前までに、
読書感想文(子どもの)を仕上げないといけない父です、どうも。

金曜に東京→名古屋で打ち合わせ→そのまま呑み会→終電。
土曜に朝から友人親子とウチの家族そろって地元→地元友人たちとアレソレ。
日曜、今日は朝から子どもたちの宿題フォロー。
ちょっと色々と詰め込み過ぎた・・・ちっとも休みじゃない(苦笑

昨年の読書感想文ネタも好評?だったので、
今年もしっかりネタにさせてもらおうかという次第。
息子殿、所謂「課題図書」にチャレンジするそうで。

▼青少年読書感想文全国コンクール

▼2012年青少年読書感想文全国コンクール課題図書

彼がチョイスしたのが、これ。
「ココロ屋」という本。

ココロ屋 (文研ブックランド)
梨屋 アリエ 菅野 由貴子
4580821343

長くはない。ワタシは1時間以内に読破可能でした。
小学校中学年で読むのが遅くても半日あれば読破できるかと。

内容もナカナカいい感じ。
「ココロ=気持ち」がテーマなので教育的にもよさそう。
大人が読んでも、なるほどな、などと思えます。
なかなか感想が書き易そうな本です。

いいぞ、息子よ。こういう「やりやすい本」はイイw
フォローする父も意見が言いやすいので多少は楽できそうだw
というコトで、以降ネタバレ含む(汚れた)大人の感想。

続きを読む
posted by knockman at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

算数がメチャとくいになれる本

どらどらどらぜみ〜、が作ったらしい本。
小学校中〜高学年向け、算数の本です。

算数がメチャとくいになれる本―秋山仁のおもしろ授業
(わかる!できる!のびる!ドラゼミ・ドラネットブックス)

秋山 仁
4092535023

「いまの学校の教え方では、子どもたちが算数ぎらいになるだけ」 このままではダメだ…と、ついに秋山先生が小学生のための授業を開始。

以上、説明はAmazonさんから抜粋です。
秋山仁先生が図解やイメージ、漫画を多用して算数を教えてくれます。
例えば、なぜ三角形の面積を求める式が
 『(底辺×高さ)/2』
なのか説明できますか?

小数同士のかけ算わり算を方眼紙を使って説明する。
円の面積を計算する式の理由を実際に図形を切って説明する。
分数同士の計算をリボンを使って説明する。
etc・・・。

非常にわかり易いです。
ふと目に付いて買ってみたのですが正解でした。

ワタシは読破したので、そのまま息子殿へ渡す予定です。

息子殿は算数が苦手というほどではないらしいですが、
公式や解き方の『意味』まで学校のセンセーが教えてくれている、
なんて甘い考えをワタシは持っておりませんので・・・。

続きを読む
posted by knockman at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

週刊 マンガ世界の偉人

息子殿が収集している本?雑誌?
週刊 マンガ世界の偉人

誰に似たのかコレクション癖があるようで、
ワタシにとっては無用な号まで余さず買うつもり。
毎週、新号が出るのを楽しみにしています。

毎週購入しているので、ワタシも読んでいるのですが、
当たりの号とハズレの号、その差があまりにもありすぎる。
正直、内容が残念な回は買うのを辞めたいんだけど・・・。
コンプリートしたい、という気持ちも理解はできる(苦笑

という悩める父が選ぶ、個人的に『当たり』だと思った回。

続きを読む
ラベル:書評
posted by knockman at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

パンク侍、斬られて候

超オモシロい!おもろ。
久しぶりにヒットな本です。

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)
町田 康
4043777035

SF時代劇、といった感じでしょうか。
時代は江戸時代かな?

浪人が主人公。
作中は「腹ふり党」という新興宗教が大流行中。
腹をふって、バカなコトをするだけの宗教なんですが、
そんなアホな宗教が蔓延して各地で藩が潰れていく。
腹ふり党対策をしていた主人公、つかえていた藩が潰れます。
で、まだ腹ふり党が進入してないとある藩へ浪人として流れ・・・。

といった感じ。
"SF"時代劇、"ナンセンス"活劇です。
大筋、新興宗教VSお侍+α、なんですが、
この本の醍醐味はそんな時代劇ではありません。

文章が非常に面白いんです。

え?小説なんだから、あたり前だろ?って。

いやいやいや。

続きを読む
ラベル:小説 書評
posted by knockman at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

以前にご紹介したvs ジョジョ第二段!。

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
西尾 維新 荒木 飛呂彦
4087806308

著者は西尾維新氏。
絵はもちろん荒木先生。

そして、主人公はDIOッ!
ディオ・ブランドーが主人公だぁっ!
WRYYYYYYYYYYY!!

以降、ネタバレ含むッ!

続きを読む
posted by knockman at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

100円ノート『超』メモ術

『超メモ術』というメモテクニック本。
HotTo系です。

100円ノート『超』メモ術
中公 竹義
4492043543

書き終わったページの右下を三角に切断していくことで、
スピーディに真っ白なページを探し当てることができる。

最終ページに索引(インデックス)を作成し、
各ページで該当するインデックスに対応する箇所へマーク。
これにより、メモ内容が自動でカテゴライズされる。

メモには必ず、タイトル、日付を明記する。

自由気ままに発想を広げて書きまくる。メモしまくる。
気づいたら、自分専用のデーターベースが完成している。

と、いう手順を解説した本。
イメージや図を多用し、記入例なども明確で、
非常にわかり易い解説がされている本だと思います。

メモ取りが苦手な方や、アイディアを忘れがちな方、
さらにメモの仕方がわからない、という初心者から、
ベテランさんにまで幅広く実用可能な内容だと思いました。

続きを読む
ラベル:lifehack 書評
posted by knockman at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

パーフェクト・ブルー

久々の推理小説。
離婚を考えている方に一読をすすめる(個人的に)、
ブレイブ・ストーリーの著者ですね、と後から気づいた。

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)
宮部 みゆき
4488411010

主人公が犬の推理小説。
という紹介に惹かれて読んでみた。

語りなども殆ど犬目線です。
が、犬と人間は会話しません。Notファンタジーです。
純粋に事件がおきて、それを解決しようとする小説です。


続きを読む
ラベル:小説 書評
posted by knockman at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

悪口の技術

先日のネタ、冒頭で使った挨拶。
実はこの本からの丸パクリなんです。

悪口の技術 (新潮文庫)
ビートたけし
410122529X

ご存知、北野武氏。いや、ビートたけし氏著。
タイトルが「悪口を言うためのHowTo本」に読めますが、
実際の中身はチョッと違う、という印象を受けました。

内容的には(情報が古いですが)時事ネタや、
国際問題、犯罪、物理学、政治・経済、恋愛、etc・・・
それに対するたけし師匠の痛快な意見を楽しんで読みつつ、
どうやって悪口を言うと効果的かを学ぶ本、という感じでしょうか。

2003年に初版が出ていますから、約8年ほど前でしょうか。
小泉が首相で真紀子が外相だったぐらいって感じです。
サッカーワールドカップを日本と韓国でやった話題がある時代です。
当時の事件や政治情勢などを思い出しながら読むことになりました。

内容はたいへん愉快痛快。
辛らつで豪快で愉快な悪口がテンコ盛りです。
当時を思い出しながらニヤニヤできます。
さすがは殿。

続きを読む
ラベル:書評
posted by knockman at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。