2014年07月20日

ポケモン映画「破壊の繭とディアンシー」

毎年恒例、ポケモン映画を観に行ってきました。
厳密に言うと「連れていかされました」。

今年は息子殿が色気づいてきたのか「オレいかね」とのこと。
娘さんは「ワタシはみるー」と言うので親子ペア券を購入し、
父と娘の二人でおデートなんぞとしゃれ込んで参りました。

▼ポケモン映画公式サイト「破壊の繭とディアンシー」
http://www.pokemon-movie.jp/

朝から数えて2回目に間に合うよう映画館へ移動し、
ポップコーンとジュースを購入したら、レッツポケモン映画。

三連休の真ん中だからでしょうか、
館内はガラガラで席空きまくっていました。
タイミングの問題なのかなー。

夜明けの流星群(完全生産限定ポケモン盤)
SCANDAL
B00KCUKKTY

さて、以降ネタバレ含む!

例年通り、抱き合わせの短編映画もありました。
順番は、短編 → 本編、です。

短編は例年通り、山無しオチ無し意味無し、のショートムービー。
過去の映画から伝説ポケモンが登場するぐらいが見所でしょうか。
大人には全くもって「ふ〜ん・・・」という程度でしょう。

ポケモンセンターオリジナル キーホルダー クレッフィ
B00LAUH372

コイツ↑が登場して、アレコレあって、最後はお帰りなさい、的な。
まぁ、そんな程度です。

で、本編。

本編はピンク・ダイヤを生成する技術を獲得するため、
某国の王妃がシシ神を探して旅する物語となっております。
姫のシシ神探しを某サトシ君たちが手助け致します。

もののけ姫オルゴール シシ神
B00JMF1Q84

いや、シシ神様じゃなくて、ゼルネアスなんですけどね。
「生命を司る」とか「生きる力を〜」とか言っちゃって、
しかも、この↓姿で「森に住んでます」なんて、ね。

ポケモンプラモコレクション セレクトシリーズ 33 ゼルネアス
B00EOEB8W2

パクリですよね。
モロ一族はまだですか?「神殺しがいかなるものか」とか言われませんか?
当方はポケモン全くプレイしておらず、アニメも観てないので、
「あーシシ神様やねー」とか思いながら観ておったワケですわ。

ちなみに、対を成すであろうY型の赤いヤツも登場します。
終盤にチョロッとバトルして終了です。

もうねー、期待して観に行ってないけど、
これホントに子どもたちは面白いのだろうか。
盛り上がりにも欠ける気がしたし、
ストーリーは超速理解+ご都合主義で進んで行くし、
さすがに子ども向けと言ってもだなぁ・・・と思ってしまいました。
毎年同じようなこと言ってますな。

何か、こう「おぉ」となるようなモンを・・・
求めては駄目なんだろうなー。
来年は息子殿に娘さんを連れて行ってもらう計画を考えよう。

しかし、ポケモン映画が始まると「子どもたち夏休みだなぁ」と感じます。
また、自由研究と読書感想文を手伝わないと駄目かー。
もういい加減、自分たちで処理して欲しいですねぇ。


posted by knockman at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&DVD&音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。