2012年07月15日

キュレムVS聖剣士ケルディオ

ポケモン映画15周年!らしいですよ。

▼ポケモン映画公式サイト「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」

Memories(初回限定盤)
ローラ
B0083J7BJ8

と、言うことで毎年恒例の家族サービス。
劇場版ポケットモンスター鑑賞へ行ってきました。
今年は公開2日目ですね。思った以上に空いていました。

『キュレムVS(たい)聖剣士 ケルディオ』 が本編なのかな?
同時上映で「メロエッタのキラキラリサイタル」の豪華2本立てでした。

TVのCMなどでキュレムVSケルディオが流れた後に、
メロエッタもあるよ!みたいな感じになっているので、
順番的に「ケルディオ→メロエッタ」と思っていましたが、
実はこれが逆で「メロエッタ→ケルディオ」の順番で流れます。
まぁ、どうでもいいのですがw

昨年のように2本別売りの悪徳販売ではなく、
1本の映画料金で短編+本編が観れる、って感じです。
そこらへんは説明無用でしょうがご安心されたし。

さて、映画の感想を。
ちなみに今年も家族全員で突撃。娘さんも映画館慣れたもんです。
恒例のポケモンパッケージなポップコーンとジュースを買って、いざ!
以降ネタバレ含む。


短編のナンチャラリサイタルは概ねニャースのせい。
以上、終了です。いや、ほんとに。

本編内容は「ケルディオがキュレムにボコられる」だけです。
以上、終了です。いや、ほんとに。

ポケモンプラモコレクションセレクトシリーズ
キュレム (ポケットモンスター)

B005QKF95K

ポケットモンスター M-141 モンコレ 映画主役ポケモン
B00799HQZW

昨年そうだったんだけど、悪役がいない。
さらにストーリーや伏線も殆ど無い。
ただ、ごついドラゴン(?)と馬が戦ってるだけ。
他の強そうな3匹は引き立て役。
ちょっと・・・と思いました、正直。

聖剣士になりたい!という意志は感じたのですが、
なぜ聖剣士になるためにキュレムと戦う必要があるのか?
その必要性がまったく当方には理解できませんでして。
その他、決闘場のルール説明も曖昧だし、説明が無い箇所がチラホラ。
設定自体が弱い気がするなぁ、と思ってしまいました。

去年に続いて今年もチョッとなぁ、というのが大人の感想。

子どもたちは出口で買ったモンコレ(人形)でバトルごっこしたり、
DSへ舞い降りたエロエッタを育てて楽しそうなので、まぁヨシでしょうか。


そうそう、この映画、特にケルディオが空を走るシーンで思った。

青いブリンク DVD-BOX2
B00008443B

ブリンクじゃん。青いし。丸い玉で攻撃するし。
って奥さんに言っても通じなかったのでココで言うことにしたw

ちなみに、ロケット団な人は台詞どころか出番も殆どありません。
扱いが酷すぎて苦笑w

まぁ、ようは「オマケ映画」+「馬が竜と戦う映画」の2本立てで、
あんまり深いこと考えずに頭ポカンで観るとオモシロいかもしれない、
という気がする映画でした、ってことで。


そろそろポケモン映画は子どもたちだけで行け無いかなぁ。
ちょっと娘さんには早いかもしれないけど、
息子殿なら友達と一緒に入り口で見送っても大丈夫かもしれん。
来年からの作戦を考えておこうかと思いました。






posted by knockman at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&DVD&音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。