2011年11月06日

nintendogs + cats 柴

近所のお店でやたら値引きされていたので、
息子殿に欲しいか聴いたら即答だったので購入。

nintendogs + cats 柴 & Newフレンズ
B004J18KXU

犬です。柴犬です。
ゲームでペット飼うアレです。
いまさらですw

正直、自分は1秒もプレイしていません(爆
なので、息子殿伝いの感想を。


かわいいらしいです。
ウチは現状犬飼えないので、気晴らしになったかな。

名前を覚えます、らしいです。
飼い主(プレイヤー)の声に反応します。
音声入力ですね!
なので、外でやられるとチョッと恥ずかしい(笑

是非とも名前を「ロボ」にしろ、と言ったら、
全力で拒否されたあげく暫く見せてもらえませんでしたw
芸にパンチがあれば「ロボ!パンチだ!」って言えたのにw

そうそう、芸を覚えるらしいです。
その訓練に餌的なモンが必要らしく、
餌的なモンを購入するのにお金が必要で、
多少はお金も集めないといけないらしく、
そういうゲームゲームした要素もあるようです。

ネコも飼える、らしいです。
でも、ネコは勝手にウロツクので散歩につれてけない、と。
そこらへん、無駄にリアルですよね(苦笑


柴犬以外にもフレンチ・ブルなどの複数種類があるようですが、
最終的にはどのカセットでも全ての犬種が選べるようになるとのこと。
この点はとても注意が必要かもしれませんね。
例えば、柴犬版を買った後にトイ・プードルが欲しくなって、
新しいトイ・プードル版を買う、なんてコトになりかねません。


横からみているのと、聴いてる話を総合すると、
かなり現実の犬に忠実な感じのようです。
放置すれば家出したり、弱ったり、汚れたり、
逆に甘やかし過ぎて餌与え過ぎたりすると太ったり。

狂犬病などの予防注射をしなければいけない等の、
現実世界ではチョッと手間がかかる部分は割愛されています。
上手いことできているなぁ、というのが感想です。

犬好きだけど、犬が飼えない状況にいる方などは、
こういうゲームで癒されるといいのかもしれませんね。

もしかしたら、アニマルセラピーのように、
仮想空間のペットゲームでセラピー的なことが、
将来的に可能になる・・・のかもしれませんね。





posted by knockman at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。