2011年10月12日

借りぐらしのアリエッティ

「ひと狩り行こうぜッ!」。
・・・ではないwww

[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]
借りぐらしのアリエッティ [DVD]

B004S09VIA

「狩猟生活」のハンティングではない、
レンタルする「かりぐらし」だそうですよ。
えぇ、わかってやってます(苦笑

祝日なんだけどミンナ運動会疲れで、
ウチでぼんやりノンビリしたいてことで。
先日、DVDを"借り"て家族で鑑賞会とあいなりました。

DVDもブルーレイも、どっちにも、
洗濯ばさみ付きなんてのもあるんだ。

[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]
借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]

B004S09U5E

アレは「クリップ」だと自分は思ってたんだけど、
洗濯ばさみだったのか・・・勘違いは内緒にしとこ(笑
さて、さっそく感想を。



アリエッティ、けっこうかわいい。
お父さん、寡黙でカッコイイ。
お母さん、テンパリ過ぎ(苦笑
ジブリ作品には珍しいチョッとダメな母親。

えーと、後はあの野生児、名前なんだっけ?
未来少年コナンのチビだよね、あれ?

B002QV1H6M

え?違うの?まぁいいや。

人間の少年、ショウだったかな?
彼は嫌なヤツというか、なんというか。
人生諦めた感を全面に押し出しているんだけど、
なんか「かまってちゃん」みたいな感じもうける。
前半の彼は個人的に嫌い。後半はまだ許せる。

おばーちゃんはイイひと。

おはるさんは悪いひと(笑
きっと、たぶん悪いひとじゃないんだろうけど、
悪役が居ないので必然的にその立場になるよね。
表情も悪いし。ちょっと、かわいそすw

そうなんですよ。悪役がいません。
ミンナ、生活して生きているだけ。
で、チョッとしたアクシデントがある。
冷静に考えるとそれだけの内容です。

主人公の家族が「借りぐらし」という小人で、
人間の家から少しずつ物品を借用して生活している、
という非日常を描いた作品なんですけどね。
それでも、生活して生きてるだけ、のようにみえる。
その感覚が狙って作られてるのかもしれませんが。


ほとんどのシーンがアリエッティなどの小人目線です。
なので、普段目にしている家具などを小人目線でみたり、
音の聞こえ方が「小人が聞いている風」で聞いたりできます。

効果音がするけど何だろう?と思ったら時計の音だった、などと、
初め何か理解できませんでたが、気づくと「凄い!」と思える。
さすがはジブリスタッフが作った、というクオリティ。

また、小人の家や通路など随所に工夫がいっぱい。
ギミック大好き男子な父と息子殿、そういうシーンで興奮www
お、これはボタン電池と豆電球、後は・・・とか、ね。
殆ど人間界に実在するアイテムで小人世界が構成されているので、
各部分を構成する素材のアイディアが非常に楽しかったですね。


ただ、作品全体としては「で?何がいいたいの?」という、
「もののけ」あたりから連綿と続く観終って「うむ〜」となる感じ。
最近のジブリ作品に共通した、そんな感想をもってしまいました。

 彼の手術はどうなったんだい?
 家族のその先はどうなるんだい?
 て、いうかそのままだと海だよね?
 それ以前にコイは危険じゃねーのかよ!w
 etc・・・

"不完全燃焼感"とでも言いましょうか、そんな感じになります。
前向きに考えれば「想像の余地がある」。悪く言えば「結論が無い」。

絵はジブリ作品なので安心のクオリティ。
アイディアも悪くない
でも、ストーリーというかなんというか。
映画としては盛り上がりにかける。

映画じゃなくてTVアニメで十分、て感じかな。
毎週1回放送で、アリエッティとその家族が「借り」しながら、
すったもんだする、ほのぼの30分アニメを1〜2クールやったほうが、
よっぽどオモシロい作品になったかもしれない、と思いました。


と悪口言ってますが、アイディアはオモシロいと思いますし、
登場する「小人ギミック」や「小人の目線」はワクワクしますし、
子どもたちと楽しむには十分な作品だと思う、というのも事実。

そうか、純粋に楽しめない大人が悪いのかもしれないね。
ワタシたち、いつ汚れちゃったんだろう・・・。

などとは言いませんwww
穿った視点で楽しむのは汚れた大人の特権です(笑
子どもたちは楽しそうだったので、それだけでいいのですよ。


あ、そうそう。アリエッティてさ。
「借り」全部失敗してるよね(ぽそ


【スタジオジブリ/となりのトトロ】実り ... 【スタジオジブリ/となりのトトロ】
ジブリ・ジャズ2 SREVOC/Pヴァイン・レコード
借りぐらしのアリエッティ サウンドトラッ... 徳間ジャパンコミュニケーションズ
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉... メアリー ノートン


posted by knockman at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&DVD&音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。