2010年08月11日

美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?

管理会見入門書と思いきや、IT関連な話題も豊富で驚き。

美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?
―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!

林 總
4478003912

架空のアパレル会社「ハンナ」が舞台。
主人公はその会社の女社長。
大手SI企業のERPパッケージを導入したのですが、
遅い、バグる、落ちる、で大トラブルが勃発。
さらにプロマネや経理、営業の責任者の誰独りとして、
女社長の味方にはなってくれない四面楚歌状態。
はたして、女社長はこの危機を乗り越えられるのか!?

みたいな話です。
管理会計というサブタイトルがついていますが、
HowTo本ではなく、読み物として構成されています。
架空の物語を読むことによって管理会計の本質を学ぶ、
といったような工夫がされている本ですね。

さて。
読み始める前にタイトルの質問への回答を準備しましょうか。

 「原価率と回転率に依存する」

さてはて、上記ワタシの回答は正解なのでしょうか?




んー。
正解か否かは本書を読んで頂くことにして(逃
感想をば。

サブタイトルに管理会計ってあるので、
てっきり管理会計ばっかりかと思ったらそうじゃなかった。

ERPシステムの本質や、企業の立ち姿など、
様々な角度から会社組織のことを勉強できます。
とくに「責任の明確化」なんてのは偉い人必読です。

 ・意思決定の為に必要な情報は何か?
 ・責任の範囲、明確化をしない危険性
 ・目的を持たずにERP(システム)に頼る危険性
 ・現場を知らない会計を野放しにするのは危険
 ・売上至上主義は危険
 ・キャッシュフローを押さえていない経営者は失格
 ・etc...

うむ、勉強になりました。

正直、ERPってよくわからない単語ですよね。
パッケージってのは、ある種のシステムなのか?
それともERPって単語だけで考え方、思考なのか?
現場で、意味や意図を明確して使っている、
そんなシステム屋やコンサルに出会う確立低いですし・・・。

実際、ワタシも殆ど担当したことないので、
ERPパッケージの全体像をはっきりと見たことありません。
ぶっちゃけ「必要なん?」とか懐疑派だったりして(苦笑
導入の目的と、効果測定方法と回収が見込めれば、
好きなの導入すりゃぁえーんちゃうん?とか思ってたり。
あ、この本に書いてある通りですね(w

そんなワタシですが、ERPを見事に解説している本だと思いました。
下手な解説本読むよりもERPについて勉強になるのかも。

物語も結構面白いですよ。
IT業界の実状もよく反映されてて「あるある(w」て思っちゃいます。
未完成のパッケージを売りつけるとかねー。
エゲツないことする企業さんや担当者居るよね・・・。
ハンナのプロマネが前半ショボショボなのに、
後半で俄然モーレツに変身するとかツッコミ所もアリアリ。
ご都合主義な点は紙面の都合上致し方なしでしょうが、
ツッコミ等含めてそれなりに楽しめるストーリーです。
大失敗激烈デスマーチ・プロジェクトからの奇跡的生還です(w

堅苦しい解説本や小難しいHowTo本ではありません。
楽しく読んで、経営やらERPやら会計やら色々勉強できる本です。
タイトルに釣られて読んでみたけど、アタリでした。
経営関係者から、システム屋さんまで幅広くお勧めできると思います。
posted by knockman at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

財務会計よりも管理会計:美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!
Excerpt: 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!作者: 林 總出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2008/02/01メディア: 単行本 ..
Weblog: 本読みの記録
Tracked: 2012-04-22 21:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。