2016年10月22日

近況

生きてます。
それなりに忙しくさせてもらってます。
posted by knockman at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

サイコろまんちか(1)

「BL」って聞いて・・・
ブラックリストじゃない方を思いついた方にオススメします。

サイコろまんちか(1) (講談社コミックス)
小出 もと貴
4063770397

学校モノです。
心理学がテーマです。

マンガボックス(https://www.mangabox.me)って、
アプリやサイトで無料で読めるんですけどね。
で、連載開始の1話からずーっと無料で読んできた作品なんですが。
単行本買っちゃいました。
そんぐらい面白い、最近の個人的大ヒット漫画です。
2014年、個人的最高ランクです。

主人公はボサボサ頭のまな板系サイコロジスト女子。
脇を固めるのは残念系イケメンとエロぱっつんきょぬう女子。
ワタシは主人公含んだ、この3人のやりとりが好きですね。
発想がイイ。

あぁ、中盤あたりから秀才挫折系ヤンキーも合流します。
彼は・・・うん、まぁがんばれ、って応援したくなりますね(笑

内容は基本的にギャグ漫画です。
各話、心理学に基づいたネタで進みます。
もちろん、学術的な解説も含んでおり、
心理学の解説はかなりわかり易く、面白いです。
ギャグ要素満載で。
続きを読む
posted by knockman at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評[漫画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

幻想ギネコクラシー 1

短編描かせたら天才、「無限の住人」沙村先生の短編。

幻想ギネコクラシー 1
沙村 広明
4592710649

ほんと、この先生が書く短編が天才的に面白い。
わずか数ページの漫画なのに、ちゃんと伏線と回収もあり、
もちろんエログロもキチンと装備しております。

以降、ネタばれ含むかも?
続きを読む
posted by knockman at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評[漫画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

春風のスネグラチカ

短編描かせたら天才、「無限の住人」沙村先生の新作。

春風のスネグラチカ (F COMICS)
沙村広明
4778322347

舞台はロシア。
車椅子の美少女と寡黙な従者。
はたして、彼女たちにはどんな秘密が・・・。

といった概要です。
沙村先生と言えば、エログロが強烈なので、
抵抗がある方もおられるのではないかと思います。
後、絵がダメ、とかね。

んがー、そんな事でコレを読まないなんて損です。

ロシアのお話なので、名前に違和感を感じますが、
読みきった後で「おぉ、なるほどね」となるかと思います。

とりま、一通り読んだ後で後書きを確認することをお勧めします。
巻末は読む前に確認してはいけません。
確実に面白さを半減、いやもっと減らしてしまうことでしょう。
なので、はじめから順番に読まれることをお勧めします。


少なくとも、これ↓のようなグログロではないのでご安心を。

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)
沙村 広明
4778320514

しかし、この「春風の〜」ですが、
書店で少女漫画コーナーに平積みしてあった。
少年誌の売り場を15分以上探したんですが、
そりゃぁ見つかるワケありませんよね(苦笑
posted by knockman at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評[漫画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

ポケモン映画「破壊の繭とディアンシー」

毎年恒例、ポケモン映画を観に行ってきました。
厳密に言うと「連れていかされました」。

今年は息子殿が色気づいてきたのか「オレいかね」とのこと。
娘さんは「ワタシはみるー」と言うので親子ペア券を購入し、
父と娘の二人でおデートなんぞとしゃれ込んで参りました。

▼ポケモン映画公式サイト「破壊の繭とディアンシー」
http://www.pokemon-movie.jp/

朝から数えて2回目に間に合うよう映画館へ移動し、
ポップコーンとジュースを購入したら、レッツポケモン映画。

三連休の真ん中だからでしょうか、
館内はガラガラで席空きまくっていました。
タイミングの問題なのかなー。

夜明けの流星群(完全生産限定ポケモン盤)
SCANDAL
B00KCUKKTY

さて、以降ネタバレ含む!
続きを読む
posted by knockman at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&DVD&音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする